銀行印の印鑑について

Pocket

今の時代、銀行口座を持っていない人は子供を除けばほとんどいないかと思いますが、銀行口座を1つしか持っていない方や、仕事の関係などで複数口座を持っている方など持っている銀行口座の数は人それぞれです。しかし、銀行口座を作成する場合、銀行口座の使用用途や身分証明書と一緒に銀行印の押印が絶対不可欠です。既に持っている方はそちらを使用すればよいですが、これから新たに銀行印を作ろうと思っている方は、このページを参考に銀行印を作成してみてはいかがでしょうか?

そもそも銀行印とは通帳と合わせて、本人確認をする為に必要な身分証明の意味を持ちます。銀行印は銀行で使用することはもちろん、公共料金の口座振替など申し込む際にも必要となってきますので、日常生活での使用頻度は意外と多いです。使用頻度が多いので、銀行印を作成するときは可能な限り丈夫な印鑑を作ることをおすすめします。

また、よく耳にするのが実印と同じでも良いのでは?というところなのですが、結論から言うと実印を銀行印として使用しても問題はありません。ただし、このご時世セキュリティ面や安全面を考えたときに、実印と銀行印を一緒にするのはあまりおすすめできません。今は銀行印も安いものがありますので、必ず実印と銀行印は分けて使うように心掛けて下さい。そして、ただ分ければ良いというだけではなく、もちろん偽造されては銀行印の意味がなくなってしまいますので、できる限りオリジナルの銀行印を作り、ご自身の大切な資金を外部から守るようにして下さい。

Pocket