銀行印の購入について

銀行印を購入する場合、みなさんならどこで購入されるのでしょうか。とりあえず銀行印があれば良いという方は100円ショップ、しっかりと作りこむならばはんこ屋さんと言った所でしょうか?ただし、100円ショップであればお金がほぼかかりませんのでお得ですが、多くの方が持っていますし、よくある名前であれば防犯上あまりおすすめしません。またはんこ屋さんで購入する場合、やはり材料や手間暇がかかっていますので、料金的に多少高めになってしまうところがネック。そんなとき、どちらも解消してくれるのが、ネット通販での購入です。

ネット通販であれば、100円ショップとまではいきませんが、2千円前後といった手頃なお値段でかつ本格的で偽造されにくい銀行印を作ることが可能なのです。ネット通販がなぜここまで安くできるのかと言うと、やはり実店舗を持っていないことが多く、その店舗費用や人件費を抑えることができますので、通常のはんこ屋さんよりも安く提供ができるのです。また、場合によっては印鑑を作るだけの専門デザイナーがいるネット通販もありますので、そういうところに頼めば、自分だけのオリジナル銀行印も作れてしまいます。また、ネット通販の特徴として、即日発送などしてくれるところもありますので、急ぎで必要な場合は本当に便利です。お得にかつ本格的な銀行印を作成したいという方は是非、このネット通販で銀行印を購入してみてはいかがでしょうか。

《関連リンク》http://e-hankoya.com/
ネット通販で銀行印を購入することができる”いいはんこやどっとこむ®”です。

銀行印の作成について

銀行印を作る際の書体はいろいろありますが、よく作られている書体としては、印相体と篆書体という書体です。印相体は縁起の良い書体として開運効果がありますので、どうせ銀行印を作るのであれば、お金が貯まるようにしたいと考える人が多いのでこの印相体は人気の書体となっています。そして、篆書体はお札に使用されている書体で他人が見たときに文字が非常に判別されにくいという特徴を持っています。篆書体はさまざまな印鑑の元となっているので、印鑑の書体の歴史という意味では一番古い書体と言えます。印相体と篆書体が書体としては人気の書体ですが、オリジナルという意味では別の書体でもOKで、偽造されにくくかつ自分が気に入る書体であればそちらの方が愛着もわいてくると思いますので、是非書体については銀行印を作成する際にいろいろと検討してみて下さい。

書体が決まれば、あとは名前です。銀行印の場合、苗字だけ、名前だけ、フルネームのいずれでも特に決まった定めはありませんので、お好みで作成しても大丈夫です。しかしながら、もしこだわりがなければフルネームで作成する方が良いでしょう。理由としては、フルネームであればやはり防犯上、一緒の銀行印である可能性が低くなるからです。また、他の方と銀行印が被る可能性も低くなりますのでおすすめです。

実印と銀行印

銀行口座を作成する際に必要な銀行印ですが、銀行印は実印でもOKですが、一般的にはこの二つの印鑑は分けて作ることが必須となっています。分ける理由としは、やはり防犯対策として、実印と銀行印を一緒にしてしまうと万が一紛失した際に全ての情報や資産が盗み取られてしまうという可能性があるからなのです。この防犯上の理由から一般的には実印と銀行印は別物と考える人が多く、それぞれ別々で作成することが多いのです。そんな実印と銀行印ですが、それぞれ印鑑のサイズは決まっていて、また男性の場合と女性の場合とでもサイズが異なってきます。特段理由はありませんが、一般的な印鑑のサイズという認識で覚えておいていただければと思います。

男性の場合、実印は16.5mm、銀行印は15mmで作成するのが一般的です。女性は男性のものより、1.5mm小さく作成するのが昔から作成されているサイズで多いですので、印鑑を作る際には覚えておいて下さい。ちなみに認印は銀行印よりも更に小さいサイズで、男性の場合、13.5mmで女性は12mmとなっています。なぜ男性と女性でサイズが違うのかと言うと、女性の方がやはり手のサイズが小さいですので、そのサイズに合わせたサイズが前述したサイズとなっているのです。

銀行印の印鑑について

今の時代、銀行口座を持っていない人は子供を除けばほとんどいないかと思いますが、銀行口座を1つしか持っていない方や、仕事の関係などで複数口座を持っている方など持っている銀行口座の数は人それぞれです。しかし、銀行口座を作成する場合、銀行口座の使用用途や身分証明書と一緒に銀行印の押印が絶対不可欠です。既に持っている方はそちらを使用すればよいですが、これから新たに銀行印を作ろうと思っている方は、このページを参考に銀行印を作成してみてはいかがでしょうか?

そもそも銀行印とは通帳と合わせて、本人確認をする為に必要な身分証明の意味を持ちます。銀行印は銀行で使用することはもちろん、公共料金の口座振替など申し込む際にも必要となってきますので、日常生活での使用頻度は意外と多いです。使用頻度が多いので、銀行印を作成するときは可能な限り丈夫な印鑑を作ることをおすすめします。

また、よく耳にするのが実印と同じでも良いのでは?というところなのですが、結論から言うと実印を銀行印として使用しても問題はありません。ただし、このご時世セキュリティ面や安全面を考えたときに、実印と銀行印を一緒にするのはあまりおすすめできません。今は銀行印も安いものがありますので、必ず実印と銀行印は分けて使うように心掛けて下さい。そして、ただ分ければ良いというだけではなく、もちろん偽造されては銀行印の意味がなくなってしまいますので、できる限りオリジナルの銀行印を作り、ご自身の大切な資金を外部から守るようにして下さい。